業務スーパーの珍客・珍店員

業務スーパーの集団ストーカー

業務スーパーにて出会う集団ストーカーの記事です。

業務スーパーは安く大容量の商品が置いてある点では魅力的な店なんですが、なぜか集団ストーカーもたくさんいます。

迷惑なので本社にクレームを付けたりするのですが、実際ちょっとは被害が軽減します。客が怒って文句を付けてる以上、会社としても放っておけないようです。

集団ストーカーは軽くなります。

でも、完全に無くなるわけではないですね。いちいちシツコイものです。くだらないことはやめてほしい。

今回は、業務スーパーで見た集団ストーカーについて書いていきます。

集団ストーカーin業務スーパー

声がでかい店員

私が行くと、「いらっしゃいませ」の声がやたらでかい店員がいます。声がでかいだけじゃなく頻度も多くてうるさい。声質があまり心地よくないので、聞いていて不快なのもイライラさせられる。

いらっしゃいませ、いらっしゃいませ、と不必要とも言える頻繁さで私の近くで叫んでいくので、落ち着いて商品を選べない。

一回だけでなく行くたびに毎回同じ状況になるので、なんなのこの店? って感じ。業務スーパーって、うるさいの?

店員に文句つけてやりました。

「声がちょっとうるさいのですが、もう少し音量を下げてもらえないでしょうか?」

「そんなに何回もいらっしゃいませを言わなくても大丈夫です。」

一応それなりに丁寧な態度でクレームを付けるわけですが、心の中じゃ飛び蹴り食らわしたい思いですよ。

で、店員もまあ私の話を聞きますね。客なので、そんなに失礼な態度はとれないのでしょうけども。

「あ、じゃあもう少し声静かにしますね。」と納得はしてくれます。

といっても、その前に「他の店でもこれくらいですけどね。」とか「他のお客さまもいらっしゃるので、頻繁に声をかけるのはしょうがないです。」とか、けっこう反抗してきました。

なんか、クレーム言ってる私が悪いみたいになっちゃうんですよ。

あれ? こんなことで腹を立てる私が神経質で変わってるの?? って一瞬思わされます。

でも、これがストーカーの作戦ですので騙されてはダメです。

先に迷惑な行為をしてきておいて、「そんなことを気にするのはどうなんでしょうか?」みたいな態度をされます。さりげなく、こっちが悪いみたいな流れになるのです。

集団ストーカーは、ふつうにマインドコントロールを使ってきますので、気をつけてください。心理学的な誘導をしてきます。

しかし、騙されずにクレームを付けていけば、案外うまくいきますよ。

「声がでかいという苦情を付けてるお客は、他にも多くいると言ってましたよね? 買い物しづらいので、もうちょっと考えてほしいです。」

とか言ってると、さすがにストーカー店員も意見を聞き入れないわけにいかないようで、実際にわりと静かになりました。

客の苦情を無視するということは、どうもできないようです。

商品の棚が汚い・欲しい商品がない

なんか、商品の並び方が雑だったりします。

よくあることのようにも見えますが、私がよく購入する商品だけ棚が汚かったりそもそも品物がなかったりするので、ストーカー被害者にはすぐ分かります。

これは本社にメールで苦情を言いました。

「いつ行っても商品の並びが雑ですし、棚が汚いのですが。客をナメてるんですか? おたくの従業員クズですね。」

とちょっとキレぎみに送り付けました。

すると、一応は丁寧な返信が来ましたね。

「従業員に指導を徹底して、今後このようなことがないよう努力いたします。」といった感じに。

電話で謝りたいので連絡先を教えてほしい、とか言ってきましたが、こちらは別に彼らと会話なんかしたくないので「謝罪はいいですから、行動で示してください。私の支払った金がナメた態度の従業員のサイフにも入ってると思うと腹が立ちますので。」と言ってやりましたよ。

すると、多少マシになったかなという感じです。

完全にキレイに商品が整列してるわけでもないですが、客の声はさすがに無視できないのか一応少しは改善するようです。

すぐ隣で品出しをする店員

私のすぐ近くに寄ってきて、なぜか商品を棚に並べる作業をし始めます。これ、うっとうしいんですよねえ……。

邪魔ですし、キモい。

別に張りきって仕事をしてるからって偉くもないですしね。商品の棚が汚いのに、仕事だけは頑張ってるふうな店員にイラッとします。

これも本社に苦情のメールをしました。

「おたくの店員、いつも品出しの作業をしてますけど、その割りに棚とか汚いんですよね。仕事がんばってる割りには、作業遅くないですか? 仕事の遅い店員とか、ふつうだったら殺されますよね?」(筆者注:仕事が遅くてもふつう殺されません)

これも一応は丁寧な謝罪のメールが返ってきました。

うっとうしい品出しはわりとマシにはなりました。でも、完全にはなくなっていません。

程度が軽くなる効果はあるようですが、根本的になくなるわけではないみたいです。

店員による仄めかし

毎度うざいのがこれ。

私の過去の経験や出来事について、なんかダメ出ししてきます。なんでお前、人の私生活のこと知ってるんだよ? って思いますし、めちゃくちゃキモいですね。

集団ストーカーってのは、弱者の立場から批判してくる傾向があるように思います。被害者意識に凝り固まって、頑固になってる人の集まりです。

弱者の立場を利用するので、こちらが攻撃をすると被害者ぶってこちらが悪者みたいになるよう仕向けます。先に攻撃してるのはストーカーなんですが、こちらが批判をすると悪者に仕立て上げられてしまうのです。

これは、卑怯ですね……。

卑怯というより、ただの人数に任せたくだらない力技ですけども。

頭つかわない力技で人を殺せるんだから、ラクな商売ですよ。

これも苦情を言いたいところですが、目に見えた被害はないので難しいところです。こちらも、店員のあら探しをしておくことです。

苦情を付ける弱みをさがして見つけておくのが対策になるかなと。

業務スーパーのおかしな客

商品を見ていて軽く肩が触れた人物がいたのですが、こちらに文句を言ってきました。マスクを付けていたので、それがすぐにストーカーであると分かりました。

「あなた、今ぶつかりましたよねえ? ぶつかりませんでした?」

なんだ、こいつ。と思いますよね。

「肩が軽く当たったとは思いますが、だから何ですか?」

「当たりましたよねえ。人にぶつかっておいて、何も言葉はないですか?」

どうも、無理やり謝罪をさせたいようです。こちらを悪者にしたいみたいですね。

「なんで、偉そうなんですか?」こっちがキレぎみに返すと、ちょっとキョドったのか……。

「いや……、肩がぶつかったのかどうかを聞いただけです。ぶつかりましたよね?」

「ぶつかったんじゃねーの。だから、何だよ?」

「はい……、ぶつかったということで。それじゃ、もういいです。」

そう言って去っていきました。

何なんでしょう、こいつ。マスクをしてる人間は風邪ひいてるのでもなければ、集団ストーカーです。風邪声でもなかったので、一般人ではないようでしたが……。

おかしな行動の店員

いちばん訳の分からないストーカー店員に出会いました。

私が商品の棚を見ていると、店員が私のすぐ横に来てつっ立っています。

「………。」

店員は黙って、棒立ちしています。

「………。」

私もそのオバサン店員を眺めてつっ立っています。

しばらく時間が経過。

(もしかして、私の前を通りたいのかも?)

私はちょっと後ろに下がって、道を開けてあげました。

すると、そのオバサン店員。

「あ、失礼します。」

と言って、私の前を通っていきました。

(後ろを通っていけよ……。)

私の背中側にも道は開いてるだろうよ。

商品棚を見てる客の目の前をわざわざ通りすぎるアホ店員。後ろを通って行くという発想はなかったようです。

なんなの、このオバサン店員。

業務スーパーに出没する集団ストーカーは、バラエティーに富んでいますねえ……。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

集団ストーカーに強気に苦情を言ってみたらどうなるか。わりと効果があることも多いようですね。

苦情を付けにくいような陰湿な工作もあるんですが、こちらも相手のあら探しをして、いつでも言いがかりを付けられるよう準備しておくといいかもしれません。

陰湿タイプのクレームを言いにくい相手でも、どこかしら過失がある場合もあるので、そこを攻めれば弱みにつけ込める可能性があります。

企業に属してる人間も、上の人間には逆らえないのか本社に直接苦情を言うのも一定の効果があるようです。

相手が一般人のストーカーでも、こちらがキレぎみに言い返すとひるんで立ち去ることも分かりました。

ストーカーは犯罪スレスレのことはしても、暴力沙汰にはしないようで、決してこちらに手を出してきたことはないですね。手を出せるんなら、とっくにその方法でこちらを攻撃してくるはずですから。

マスクをしてるという分かりやすい見た目をしてるのも、不思議です。一般人に紛れこんで言いがかりを付けるにも、わざわざストーカーだと分かるような目印をこちらに与えてきます。

相手がストーカーだと判断できたなら、まず暴力は使ってこないと考えてよいので、ちょっと強気にキレぎみに言い返すのも効果的な手だと思いますよ。

こちらが何も手を打たないと、敵も調子に乗って嫌がらせがエスカレートするだけです。注意深くストーカーの目印や弱みを見つけて、冷静に勇気をもって反撃していきましょう。

このブログは集団ストーカーを卑怯なマインドコントロール犯罪として否定する立場です。

この記事がストーカー被害者の方に少しでも役に立ったなら、筆者として嬉しく思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。